格安の航空券が流行っているようです。おかげで旅行がしやすくなっているのです。羽田もLCCの活用が欲しいです。
知りたい!航空券が格安で販売できる理由

格安の航空券を使っての旅行が良い

格安の航空券が発売される時代になりました。成田空港から新千歳空港までの料金が、5000円台からあるのです。新幹線、まだ札幌まで開通していませんが、おそらく3万円近くにはなるであろうと思うのです。これでは、競争にならないようにも思えるのですが。それほどまで安くなった空の便です。しかし、これほど安い価格の飛行機が飛んでもあのJAKやANAは、ごく普通に飛んでもいるのです。これは、使う人つまり乗る人の棲み分けが出来ていると言うことなのでしょうか。私も一度のこのLCC便に乗ってみたのですが、全く不満を持つことありませんでした。贅沢を言えば切りがないと思うのです。この料金でこの乗り心地であれば、問題ないと思ったのでした。ただ、今まだ不便と思うことが羽田空港を使えないと言うことです。東京に仕事で行く、時間がないと言う方には、この成田空港では不便で仕方ないのです。また成田から都心までの時間よりも料金も気になるのです。これに対して、新千歳空港から関西空港へ出る便に関しては、さほど不満はないのです。伊丹空港の方が近くて便利なのですが、便数も少なくバス移動になりますので鉄道料金以外は、不満をもたないで済むのでした。今、羽田空港もLCCが使えるようになるようです。一日も早い使用が認められると良いと思います。そうすることで、日本各地への旅行がしやすくなるのです。飛行機の行き先、多くは羽田空港が基点となっているのですから、羽田空港もLCC参加が更に活性化すると思います。
イチオシサイト